<レポート>大阪大学大学院 消化器外科 医学生向けスモールカンファレンス

2018年6月1日、大阪大学大学院 消化器外科にて、医学生に向けたスモールカンファレンスにて、
HoloEyesXRサービスの教育活用のテストを実施しました。

当日は、実際の手術の動画を使った術式説明の後、同じ症例のVRアプリを使い術野の立体構造をVR空間にて理解するという流れで授業を行いました。

大阪大学大学院 消化器外科にて、医学生に向けたスモールカンファレンス 大阪大学大学院 消化器外科にて、医学生に向けたスモールカンファレンス

学生たちからは、「解剖学の勉強のときにVRが欲しかった」「オペのときの見学で解剖を理解するのは難しかったが、VRだとよくわかった」「解剖が苦手なので外科をあきらめていたが、VRで学べるならば外科に進みたいと思った」「VRで学べると成長も早そうだと思った」との声があがっていました。

大阪大学大学院 消化器外科にて、医学生に向けたスモールカンファレンス 大阪大学大学院 消化器外科にて、医学生に向けたスモールカンファレンス

指導された黒川幸典先生からは「解剖が難しいという理由だけで外科を敬遠する学生がいる。VRを使うことで手術の習熟も早められるのではないかと期待し、導入を進めたいと思う」とコメントをいただきました。
また、橋本直佳先生からは「自分も本で解剖を学んだが、VRを使うことで理解が進むと思う。今の学生が本当にうらやましい」との感想がありました


HoloEyesではさまざまな講演及びセミナーを行なっております。
お気軽にお問い合わせください。

過去の講演実績の一例はこちらから
http://holoeyes.jp/topics_categories/lecture/