2018/11/9 第27回日本コンピュータ外科学会大会ハンズオンセミナー (奈良)

2018年11月9日、 第27回日本コンピュータ外科学会大会ハンズオンセミナー 1 【医用画像VR手術支援ハンズオンセミナー:ポリゴン作成/VR/AR/MR/3Dプリンター活用】と題し、奈良でDICOM画像からVR/ホログラフィーアプリ化までを実機レクチャーいたします。

11月9日(金)16:10~18:30奈良県文化会館 (第3会場: 第2会議室)   http://jscas27.jp/sanka.html

オーガナイザー・講師:杉本真樹(東京大学先端科学技術研究センター)
共催企業:Holoeyes株式会社、レノボ・ジャパン株式会社

CT/MRIのDICOM画像を3D再構築し手術支援に活用する。既に市販化済みのアプリケーションとサービスを利用し、手術や治療時に臨床医が求めるポリゴンデータの作成法と、仮想現実VR,拡張現実AR,複合現実MRアプリを自動作成し、3Dプリンターへ活用する方法を、実機でデモンストレーションする。

<講演内容>
CT/MRIのDICOM画像を3D再構築し、手術支援に活用するまでの作業行程を、外科医が臨床現場の実践的活用に沿って解説します。既に市販化済みのアプリケーションとサービスを利用して、手術や治療時に臨床医が求めるポリゴンデータの作成法と、仮想現実VR,拡張現実AR,複合現実MR、3Dプリンターへの活用法を、実機でデモンストレーションします。
ゴールは、参加者が臨床に直結するデータとは何か, どのように活用されているかを知ること。医師、技師, 研究者間のギャップを埋めるきっかけにしてください。初心者からあらゆる知識、技量の医師、技師、工学者にご参加頂けます。
使用予定アプリケーション:OsiriX, Meshlab, Meshmixer
使用予定サービス:HoloeyesXR
使用予定機材:Windows10 PC, MacBookPro OS10.13, Lenovo MirageSolo, Microsoft HoloLens
共催:Holoeyes株式会社, レノボ・ジャパン株式会社

 


HoloEyesではさまざまな講演及びセミナーを行なっております。
お気軽にお問い合わせください。

過去の講演実績の一例はこちらから
http://holoeyes.jp/topics_categories/lecture/