台湾の栄民総医院での導入事例が紹介されました。

台湾の栄民総医院での導入事例が紹介されました。

台北栄民総合病院が教育部門でAR+VRを組み合わせて「解剖学的イメージングトレーニング」を開発し、新人教育訓練に導入を行いました。新しい医師たちが4Dを通して血管内の相対的な位置と臓器内の疾患、測定の位置を正確に特定できるようにしました。 学習の有効性を高め、リアリティーのある医療プロセスを体験することができ、今後将来性のある臨床教育となりました。

https://health.ettoday.net/news/1725526

https://m.news.sina.com.tw/article/20200529/35314302.html

https://times.hinet.net/mobile/news/22919223