医療分野でのMagic Leapユーザーmeetupを行いました

医療分野でのMagic Leapユーザーmeetupを弊社オフィスにて行いました。

整形外科医、泌尿器科医、脳神経外科医、肝胆膵外科医、医学生が集まり、事例の発表、Magic Leap Oneの使い方のTipsを共有しました。

事例の発表内容ととしては、以下の3つ。

 

1トレーニングでの活用

Magic Leap Oneを使って、体の内部をMixed Realityで見ながら超音波エコーのトレーニングを行った事例です。

解剖が理解しやすくトレーニング効果が向上したという結果が得られたとの事。

 

2 腹腔鏡を使った手術での活用

ポートの位置をバーチャルなモデルに対して、バーチャルな直線を立てて可視化

 

3脳神経外科での活用

てんかんの手術において、トラクトグラフィーをMixed Realityで表示をして、見えない神経を可視化

 

今後ともこのようなmeetupを行っていきます。