楽天テクノロジー & イノベーションアワード2018 テクノロジー賞 受賞

このたびHoloEyes株式会社は、【楽天テクノロジー & イノベーションアワード2018 テクノロジー賞】を受賞いたしました。
2018年10月27日「楽天テクノロジーカンファレンス2018」 内にて表彰式が開催。関係各位に感謝いたします!
https://tech.rakuten.co.jp

【受賞理由】
HoloEyes株式会社は、医療の重要な分野において、ヴァーチャルリアリティテクノロジー(「VRテクノロジー」)を使った「HoloEyes VR」を世に送り出しました。
現在、外科医が患者の病状把握に活用しているCTスキャンやMRI、X線などは2次元情報に留まりますが、VRテクノロジーを使った「HoloEyes VR」は、立体的な3Dイメージとして患者の臓器の映像を再現することができるため、外科医は、「切らないと先が見えない」といわれる実際の外科手術において、事前に精度の高いプランを立てられるようになります。さらに、現在HoloEyes株式会社は、医師の診断、トレーニング、手術計画など、将来の利用を見越してイメージライブラリーを構築するために3D CTスキャン画像を収集しています。
VRテクノロジーを医療分野に応用し、正確で精密な外科手術をサポートすることで、新たな可能性を創造するHoloEyes株式会社に本賞を贈ることを決定しました。
楽天株式会社は「楽天テクノロジー & イノベーションアワード2018」の受賞者を決定いたしました。「楽天テクノロジー & イノベーションアワード」は、先進的なイノベーションにより社会の変革に寄与した個人・団体・製品を表彰するもので、今年で11回目の発表となります。本年は「Rakuten TECH x Startup TECH」をテーマとし、独自の視点から様々なイノベーションを起こすスタートアップ企業や個人、団体を表彰を通じて応援します。本アワードでは、「楽天エンパワーメント」「テクノロジー」「イノベーション」「スタートアップ」の4つのコンセプト賞を授与しており、それぞれの表彰基準は以下の通りです。

【テクノロジー賞】
最先端のテクノロジーを開発、もしくは、既存のテクノロジーを高度に活用し、今までにない社会的成果を創出した個人、団体、企業を表彰します。

【選考について】
委員長  楽天株式会社 代表取締役会長兼社長 三木谷 浩史
委員   楽天株式会社 副社長執行役員    平井 康文
楽天技術研究所 代表        森 正弥
楽天テクノロジーカンファレンス事務局