2018/11/16 東京大学 特別講義『VR/AR/MR/AIによるprecision medicine』

2018年11月16日、東京大学 先端学際工学専攻にて特別講義『VR/AR/MR/AIによるprecision medicine』と題し、弊社COO杉本 真樹が講演いたしました。

日時:2018/11/16(金)13:00~14:45

場所:東大先端研 駒場キャンパス 4号館2階講義室(東京都目黒区駒場4-6-1)https://www.ais.rcast.u-tokyo.ac.jp/ja/index.html

【先端学際工学専攻の講義内容】
仮想現実(VR), 拡張現実(AR), 複合現実(MR)は, 近年医療分野でも活用されている。診察・診断支援, 治療計画から習熟・教育、手術スキル向上とその的確な評価、オンライン学習プラットフォーム、さらにリハビリテーションや遠隔医療まで、多岐にわたる。これらXR技術は,自然で直感的な再現性ある臨床体験を、遠隔的に複数人で共有でき,試行錯誤も可能とする、安全で柔軟なプラットフォームといえる。

またXRの臨床活用は、個別医用画像データを多量に構造化・定量化するため、これらを人工知能(AI)に解析学習させることで、個別化医療(Personalized Medicine)をさらに系統的に分析し、特定集団ごとの最適治療法を確立する精密医療(Precision Medicine)へ発展させることが期待できる。医療におけるXRのトレンドを事例と共に解説する。

 


HoloEyesではさまざまな講演及びセミナーを行なっております。
お気軽にお問い合わせください。

過去の講演実績の一例はこちらから
http://holoeyes.jp/topics_categories/lecture/