UAEとバーチャルセッション:ドバイ東京間8,000kmをVR空間で繋ぎオンラインセミナーと症例カンファレンスに成功

UAEとバーチャルセッション:ドバイ東京間8,000kmをVR空間で繋ぎオンラインセミナーと症例カンファレンスに成功
世界中の外科医と遠隔VR医療のデモ、レクチャー、ディスカッションを実施

日本時間2020年7月20日に、UAEドバイのEmirate specialty Hospital手術室と東京のNTT東日本関東病院手術室を、Holoeyeサービスを利用してリアルタイムにオンラインで繋ぎ、複合現実空間で腹腔鏡下胃切除術に対するXR遠隔手術支援を行いました。


その成果を7月25日に世界配信Webinar「Virtual reality surgery online webinar: “Extended reality for tele-surgery” by the Robotic Surgery Academy」にて発表しました。
当日は、The Robotic surgery Academy, Dubai, UAEのDr. Mohanad Mohammad Al Ansariらと、XRによる手術支援やロボット手術、遠隔医療、宇宙医療などにつき、デモやレクチャー、ディスカッションを行いました。


またその際のCOO 杉本真樹のLecture(英語)をYouTube動画に公開しました。
https://youtu.be/9qG2m-fEAkI