「Holoeyes Edu」が国立看護大学校看護学部看護学科のカリキュラム教材として導入開始しました。

Holoeyes株式会社は、VRによる新たな医療教育プラットフォーム「Holoeyes Edu」において国立看護大学校と提携し、2020年12月より看護学部看護学科の基礎解剖授業のカリキュラム教材として導入開始しました。

詳しくはこちら

「Holoeyes Edu」とは
CT・MRIなどから汎用画像診断装置ワークステーションにて書き出した人体の3Dデータを、XR※として3D空間で表示、3Dデータと講師の動き、音声を記録・再生することによって教育コンテンツを作成、医療教育を行えるクラウドサービスです。
※XR (Extended reality)とは、仮想現実(VR)・拡張現実(AR)・複合現実(MR)の総称で、仮想世界と現実世界を融合して新たな環境・体験をつくり出す技術のこと