「Holoeyes MD」がNTT東日本関東病院 泌尿器科にて手術支援ロボットda Vinciによる手術で使用され、医療機器認証後初臨床使用例となりました。

先日「Holoeyes MD」※ がNTT東日本当病院 泌尿器科にて手術支援ロボットda Vinciによる手術で使用され、医療機器認証後初臨床使用例となりました。CTから得た患者画像データを三次元画像処理した3Dモデル(切除部位・血管・臓器・骨など)を「HoloLens 2」に表示しました。(汎用IT機器等は患者環境外(1.5m)に設置)
※ 管理医療機器 汎用画像診断装置ワークステーション用プログラム:認証番号: 302ADBZX00011000

なお、「HoloLens 2」は「Holoeyes XR」に対応していません。「HoloLens 2」でサービス利用をご希望の方は、「Holoeyes MD」をご活用ください。