NEWS

最新ニュース

ニュースイベント・セミナー学会・講演・展示書籍・論文メディア掲載受賞・採択お知らせ製品情報

2024年02月07日

Holoeyes MD

【アップデート情報】Holoeyes MD(Ver2.9)

このたび、Holoeyes MD(Ver2.9)を公開しました。
内容をご確認いただき、最新バージョンへのアップデートを行ってください。

 

<アップデート内容>
●新機能
・端末認証
サイバーセキュリティ対応の一環として端末認証を導入!

認証した端末(ヘッドセット)でのみ、3Dモデルをダウンロードできます。
また、認証端末では作成した3Dモデルが一覧で表示されるため、 モデルごとにアクセスキーを発行する必要がなくなります。

・ブックマーク機能
症例3Dモデルの表示順を変更できるブックマーク機能をサービスサイト上に追加!
ブックマーク機能を使うと、よく症例3Dモデルに素早くアクセスできます。
アプリケーションでの表示順もブックマークしたモデルが最上位に表示されます。

・ファイルサイズ表示
アプリケーション用データ作成後、症例ページに完成したデータのファイルサイズを表示!
ファイルサイズが大きい場合、症例ページにヘッドセットごとの推奨ファイルサイズが表示されます。
推奨ファイルサイズを目安に、必要に応じてデータを削減してください。

 

●機能改善・修正
・より安定したサービス提供及び利便性向上のため、データ作成後の3Dモデルのファイル形式を全機種で統一
(アップロードしていただくファイルは従来通りSTL/OBJ形式です。)
・メニューパネル内の文言を端末認証導入に伴い修正
・バーチャルセッション(※)利用時、サービスサイト上で設定したレイヤー名を3Dモデルの近くに表示する機能を追加

・【HoloLens 2のみ】ARマーカーの初期表示サイズを「A4」サイズに変更
・【HoloLens 2のみ】エアタップ2回でメニューパネルを表示させる機能の初期設定を「Off」に変更
→エアタップとは、空中で人差し指を立てて人差し指と親指の腹を合わせるように指先を下げてから、またすばやく上げる動作

その他、細かな改良、不具合の修正を行いました。

※「Holoeyes VS(バーチャルセッション):オンライン遠隔共有カンファレンス サービス」はオプション機能です。
=============
◆注意事項◆
バーチャルセッション機能は非医療機器です。診療には使用しないでください。
付帯機能(三次元画像を共有するリモートカンファレンス機能)として教育用などにご利用ください。
==============

 

●デバイス関連
『Meta Quest 3』を公式対応デバイスに追加

 

<取扱説明書>(2024/2 改訂)
各ヘッドセットに対応した取扱説明書をご確認ください。

<アップデート手順>
各ヘッドセットに対応したアップデート方法をご確認ください。

<添付文書>
最新のHoloeyes MD 添付文書(第十二版)はこちらをご覧ください。

 

(※) 医療機器認証に関する情報
・一般的名称:汎用画像診断装置ワークステーション用プログラム
・販売名:医療用画像処理ソフトウェア Holoeyes MD
・クラス分類:クラスⅡ(管理医療機器)
・認証番号:302ADBZX00011000
・認証日:令和2年2月28日

ニュース一覧に戻る 一つ前の画面に戻る